フリーターの転職事情

あなたはいま、フリーターから正社員へ転職しようと考える一方で もしも転職に失敗したらどうしようとか このままフリーターでもいいのではないか という風にも感じていませんか?

フリーターの転職事情カテゴリー項目一覧

フリーターとニートの就職支援

ニートやフリーターといった定職についていない人へはサポートがあります。アルバイトやフリーターのままでいる15〜34歳の人数は近年は少なくなりつつあることが労働力調査で判明したと、総務省の発表がありました。新卒者や高卒者の就職率は回復傾向にありますが、これは経済情勢がよくなってきたことで採用を増やす企業が増加しているためのようです。ニートやフリーターなどの正規の職業についていない人に対しても、国のサポートが強化されています。現在の国内の正社員数は着実に増えており、同時にフリーターやアルバイト従事者の人数は減少しています。

就職率は、バブル崩壊直前の水準まで改善されています。国家...

続きを読む

フリーターと就職

フリーターという言葉の意味を知っていますか。国内では、正規雇用でない仕事のつきかたをフリーターと呼んでいます。アルバイトやパートタイマー等で生計を立てている人を指す言葉です。フリーターは、フリーアルバイターとも言われ、就労形態を現す用語なので、職業の区分として用いるのは間違っています。フリーターの実態を把握するための調査を厚生労働省が行ったのは1991年です。この時にフリーターとして調査対象となった人たちは15歳〜34歳の男性か未婚の女性で、在学もしくは就職していない者とされました。

現在、就業している者については勤め先における呼称が、正社員ではなくアルバイトやパートと呼ばれ...

続きを読む

コレまでのフリーターと就職事情

1980年代後半はフリーターという単語が一般的になった頃です。この頃、日本経済は上昇気流に乗っていました。膨大な労働力が必要とされていた時代で、企業はどこでも人手不足でした。コンビニの増加や建設ラッシュにより、夜中や重労働も厭わないアルバイトが求められていたのです。就職先には困らなかったために、生活の安定より自己実現を優先してアルバイト生活を送っても、問題なく生計を立てることが可能だったのです。

バブルが崩壊して景気が下向くと、今度は給与の高い正社員ではなく必要な時に必要なだけ雇えるアルバイトの求人が増加し、正規の雇用が減少するという状況になりました。就職活動がうまくいかずに...

続きを読む

求人募集動向とフリーターの就職事情

求人募集動向とフリーターの就職事情について。34歳までの若年者のアルバイトやフリーターの人数は、総務省が発表した労働力調査によると、減少しているといいう事が報告されているといいます。このようなフリーターの減少傾向は、景気の回復に関係しています。事業拡大等により、企業が再び新規社員や新卒者を積極的に求人募集しているからです。

求人募集の増加に即結びつきやすい、高校生の就職内定状況も回復傾向にあります。これは企業の業績回復によるものです。求人募集の増加により、就職出来ずにフリーターやニートとなる若者は減ってきています。これは政府が進めるフリーター及びニートの減少に向けた対策が、成...

続きを読む

サイトTOPへ